FC2ブログ
船津塗料店の花子店長です。 お客様からの塗装(塗料)に関するQ&Aをご紹介いたします。

2012/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q。ネオアルキコートの塗膜の上に、ニューサンスピードは塗装できますか?


A.旧塗膜のネオアルキコートが、塗装して日数がたっているようであれば、
  ニューサンスピードの再塗装は、ほとんど問題ありません。

  ◎ネオアルキコート フタル酸樹脂塗料 (塗料用シンナー希釈)

  ◎ニューサンスピード フタル酸樹脂塗料(ニューサンスピードシンナー希釈(キシレンです))

  ネオアルキコートの塗装から、あまり時間が経過していない場合は
  ニューサンスピードの希釈シンナーを「塗料用シンナー」に変えて塗装してみてください。

 
  希釈シンナーは
  ニューサンスピードシンナーの溶解力が、塗料用シンナーよりも強いためです。
  ニューサンスピードは、塗料用シンナーでも希釈可能です。
  

  
スポンサーサイト
Q。水性ハードラインW-100 外気温5℃の場合の間奏時間はどの程度要するのでしょうか?
車両通行が可能になるまでの時間を教えてください



A.メーカー担当者に確認してみました。

商品説明 http://www.atomix.co.jp/toryou/w_100.html

通常は
塗装後30分で車両の通行が可能と記載されています。
  (気温23℃・湿度50%の場合)

しかし、気温5℃以下になりますと、極端に乾燥速度が遅くなります。
乾燥(塗膜形成)は、気温もさることながら、「素地の温度」に左右されます。
冬場、5℃くらいで、塗装されるポイントは
・比較的、晴れの日を選んで塗装してください。
・状況にもよりますが、目安として
 午前中に塗装して、夕方いっぱいくらいかけて、乾燥させます。
(逆に、夕方塗装すると、翌日までベタベタした状況が続き、塗膜形成にも悪影響がでます。)

◎商品 水性ハードライン

塗料のご用命は船津塗料店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。